事業 再 構築 補助 金 採択 結果。 2次公募の採択結果はいつ?①(事業再構築補助金)

事業再構築補助金 (METI/経済産業省)

💅。 この採択率を高いと見るのか、低いとみるのかはそれぞれの感覚にもよりますが、、 ポイント1.で触れたように 不備の事例と対策を開示していること ポイント2.で触れたように 事業計画の弱点と対策を開示していること 事務局側としては、少しでも多くの採択案件を増やそうとしていることが、伝わってきます。

19

【速報】事業再構築補助金1次公募に約8,000件採択 総合採択率は36.1%

👎 その場合はをクリックして下さい) 全体 特別枠 通常枠 卒業枠 中堅通常枠 グローバル 総申請件数 22,231 5,181 17,050 要件を満たした申請件数 不明 4,326 不明 不明 不明 不明 採択件数 8,016 2,866 5,092 45 12 1 通常枠、卒業枠、中堅通常枠、グローバルV字回復枠の総申請件数はあわせて17,050件であることがわかります。 令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」 緊急事態宣言特別枠:第1回公募 の補助事業者を採択しました 令和3年6月16日 令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」(緊急事態宣言特別枠:第1回公募)について、令和3年3月26日(金曜日)から令和3年5月7日(金曜日)まで公募を行い、応募のあった5,181者のうち、申請要件を満たした4,326者について審査を行った結果、2,866者を採択しました。 都道府県名 採択件数 北海道 77 青森県 8 岩手県 11 宮城県 33 秋田県 11 山形県 14 福島県 9 茨城県 27 栃木県 26 群馬県 31 埼玉県 91 千葉県 77 東京都 533 神奈川県 156 新潟県 34 富山県 14 石川県 35 福井県 16 山梨県 19 長野県 51 岐阜県 75 静岡県 53 愛知県 239 三重県 30 滋賀県 31 京都府 136 大阪府 321 兵庫県 147 奈良県 53 和歌山県 29 鳥取県 6 島根県 6 岡山県 47 広島県 35 山口県 13 徳島県 9 香川県 18 愛媛県 26 高知県 15 福岡県 130 佐賀県 12 長崎県 17 熊本県 36 大分県 19 宮崎県 21 鹿児島県 21 沖縄県 48 通常枠などを含めた採択率は36%という厳しい結果に 令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」(通常枠、卒業枠、グローバルV字回復枠:第1回公募)について、令和3年3月26日(金曜日)から令和3年5月7日(金曜日)まで公募を行い、応募のあった17,050者のうち、申請要件を満たした14,913者について審査を行った結果、5,150者を採択したと発表しました。

教育、学習支援業での事業再構築補助金採択事例を紹介

🤙 今の事業 今後の事業 レンタカー事業 貴金属買取 (既存の自動車賃貸業及び中古車販売業を縮小させ経営改善を行い、貴金属買取業に新規参入し業種転換を図る) 北海道のレンタカーは観光客利用が多いので、コロナ禍で売上減少となったことは想像に難くありません。

事業再構築補助金の採択結果からコロナに負けない事業再構築の事例をご紹介します!

😉 お問い合わせ先 事業再構築補助金事務局コールセンター 受付時間 9:00~18:00(日祝日を除く) 電話番号 【ナビダイヤル】 0570-012-088 【IP電話用】 03-4216-4080 事業再構築補助金事務局システムサポートセンター 受付時間 9:00~18:00(土日祝日を除く) 電話番号 050-8881-6942 関連情報 補助金の交付までの資金繰り支援については、3月8日、政府より、政府系金融機関及び民間金融機関あて積極的に対応するよう要請がなされました。

5

申請代行ばかり?!事業再構築補助金の採択結果でわかる傾向と無料で質の良い申請方法を紹介します

👋 補助金額 応募金額の分布 採択金額の分布 100~500万円 18% 19% 501~1,000万円 15% 15% 1,001~1,500万円 11% 12% 1,501~3,000万円 23% 17% 3,001~4,500万円 9% 9% 4,501~6,000万円 23% 27% 6,001~1億円 1% 1% 応募金額によって「通りやすい・通りにくい」といった傾向は見られません。 (4)自社SWOT分析はできているが、ニーズ分析や競合、競合になりえる他者の分析が弱い (5)リスク分析はある程度できているが、デジタルデータの販売リスクの分析や競合分析が弱い (6)現業とのシナジーはある程度期待できるが、費用対効果の根拠が弱い 2.再構築点 (1)緊急性が感じられない (2)ノウハウが活かせていないように感じられる (3)コロナの影響で売上減少は認められるが、継続可能性を含めた非対面ビジネスの浸透性を感じられない (4)コロナによる社会変化に伴うニーズがある程度検討されているが、既存事業のノウハウがどの程度活きるか疑問がある。 採択結果 公募期間 令和3年3月26 日(金曜日)~令和3年5月7日(金曜日) 応募数• 本発表資料のお問い合わせ先 中小企業庁経営支援部技術・経営革新課長 横田 担当者: 鈴木、津田、飯沼 電話:03-3501-1511 内線 5351 03-3501-1816 直通 FAX:03-3501-7170. ・ ウイルス感染防止対策を徹底した利便性の高い未来型薬局の新設 ・新規事業【かかりつけ薬局・地域医療に特化した調剤薬局】の開業 ・ 地域密着の調剤薬局による健康づくりの格闘技ジムへの新分野展開 ・耳鼻咽喉科・小児科の門前薬局から、高齢者在宅医療・地域連携薬局への 新展開 ・コロナ禍の健康不安に対応し、地域の健康増進に貢献する薬局づくり ・ 自宅療養患者さまに訪問・オンライン服薬指導を行う調剤薬局の新設 ・ ウィズコロナ・ポストコロナを見据えた在宅訪問特化型の薬局事業 ・ 新店舗建設・機器導入による新規事業(カウンセリング等)立上げ ・医療機関と連携した地域一番の『かかりつけ薬局』をつくる ・在宅に特化した地域密着かかりつけ調剤薬局事業への取組 事業計画名からパッと内容が想像できるものと、そうではないものがありますが、 興味深いのは、「かかりつけ薬局をつくる」という計画が採択を受けていること。

令和2年度第3次補正予算「事業再構築補助金」(通常枠、卒業枠、グローバルV字回復枠:第1回公募)の補助事業者を採択しました (METI/経済産業省)

🙂申請枠 申請件数 採択数 採択率 緊急事態宣言特別枠 5,181 2,866 55. 申請件数(総数) 5,181件 採択数(総数) 2,866件 採択率(要件を満たす申請の採択率) 55%(66%) 一方、緊急事態宣言特別枠に申請したものの、要件を満たさなかった事業者の数は855件、不申請受理率は16%です。

14

事業再構築補助金通常枠も発表!かなり厳しい結果に

🤘 当社は、認定支援機関ではなく、 補助金コンサル自体を生業としている訳ではありませんが、 当方のご提案事業で申請を行っているクライアント企業があり、 また、別の事業展開で申請を検討している顧客も多いため、 今回のテーマとして、取り上げさせて頂きました。 事業者名 有限会社アウトサイダー 事業計画名 コワーキングスペース開設による新事業展開 事業計画 英会話教室が主業。

3